保存袋を使った梅干し作り


梅干しと言えば専用のかめなどの容器が必要で尻込みする方もいらっしゃるかも…

 

ジッパー付き保存袋を使った漬け方が新聞で紹介されてたので、備忘録として記事に残しておきます。

 

袋の大きさは梅1キロで縦30センチ、横25センチくらいです。新しいものをつかってください。

今回のご紹介は赤しそを使わない「白干し」という漬け方です。しそがなくてもほんのり赤くなります。

 

梅は黄色く熟したもの、南高梅がおすすめです。塩分濃度は18パーセント、梅1キロで塩が180グラムです。

 

★流水で梅をやさしく洗う。

★水を切りふきんなどで水分をきれいにふきとる

★へたをつまようじや竹串で取る

★袋に梅を入れ米酢またはホワイトリカー100CCを注ぐ

★ジッパーを閉めて袋を動かしながら梅にまぶす(米酢などは防腐効果と梅の表面に塩がつきやすくなる)

★塩を加えて、再びジッパーを閉めて全体にいきわたらせて袋の上から優しくもんでなじませる。

★ジッパーを開けて中の空気を抜く(初日の作業はここまで)

袋に日付や梅の量を書いておく。

 

冷蔵庫には入れずテーブルの上などにたてて保存。

2~3日経つと「梅酢」が増えてくるので毎日袋を上下させて、ひっくりかえして塩や梅酢が全体に行き渡るようにする。(空気も毎日抜く)

20日ほどで干しごろとなる。

 

好天が続く日を選んでざるに間隔をあけてざるに皮がひっつかないようにクッキングシートを敷いて並べて干す。

 

干すのは3日3晩が目安(夜間は室内に入れてもOK)

3日目の朝に天地を返し、夕方まで干すと完成!!

 

完成した梅干しは冷暗所か冷蔵庫に保存。

 

余った梅酢は瓶に入れて魚などの臭み消しや下味つけにする。野菜の浅漬けにも使える。

 

~~~~~~

簡単にできそうですね。

お試しくださいませ。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す