臭素

 

 

 

 
臭素は猛毒ですが、化合物の臭化カリウムはリチウムと同じく精神疾患(小児の難治性てんかん、不安緊張)の治療薬として使われています。

 
体内にもおよそ200mgくらい存在しているといわれ、塩素の代用を果たす大事な微量ミネラルではないかとされますが、正確なことは分かっていません。
どのような生理機能を持ち、どういう役割なのかが解明されるのはこれからのミネラルです。