お酢のあれこれ


 

お酢の種類は豊富で、原材料や含まれる成分もそれぞれ異なり細かく分類されています。具体的に、どのような違いや特徴があるのでしょうか。

「醸造酢」と「合成酢」の違い

「醸造酢」と「合成酢」の違い

お酢は農林水産省のJAS規格に基づいて大きく「醸造酢」と「合成酢」に分けられ、総合して「食酢」と呼ばれています。

穀物酢や米酢、黒酢、りんご酢は醸造酢。一方の合成酢とは、氷酢酸や酢酸を水で薄め砂糖や酸味料、うま味調味料などを加えて人工的に作った調味料で、物が不足していた時代にたくさん出回っていました。合成酢は最近ではほとんど見かけなくなりましたが、醸造酢か合成酢かは商品のラベル表示で確認ができます。

醸造酢の種類

醸造酢は原材料によって穀物酢と果実酢、それ以外の醸造酢に分類され、それぞれJAS規格で定義されています。

(1)穀物酢

醸造酢のうち米、小麦、玄米、とうもろこしなどの穀物1~2種類以上を1000ml中に40g以上使っているお酢全般を「穀物酢」と呼んでいます。穀物酢は、さらに次のように分けられています。

・米酢

米を1000mlにつき、40g以上使って製造されたお酢のことです。米を使っていても、その量が40g未満のものは穀物酢となります。お寿司や酢の物などに使われることが多く、まろやかな風味が特長的です。

しかし、米酢のなかには酸味の強いタイプがあります。お酢はお酒を酢酸発酵させて作りますが、醸造用のアルコールを混ぜて作ったものは酸度が強くとがった風味になるのです。

対して、ベースとなるお酒も含めて純粋に米のみで作ったお酢は「純米酢」と呼ばれることが多く、最低でも1000mlにつき120gの米が必要と言われています。米本来のうまみやまろやかさを味わえるだけでなく、穀物酢や米酢に比べて酢酸などの有機酸を多く含んでいます。

・黒酢

米または米に小麦か大麦を加えたものが原料で、1000mlにつき180g以上の米を使用しています。発酵・熟成によって褐色または黒褐色になったものを「米黒酢」と呼びます。また1000mlに大麦のみを180g以上使い、発酵・熟成させて褐色または黒褐色になったものは「大麦黒酢」です。

黒酢が他の酢に比べて「健康に効果的」と言われているのは、身体の代謝に欠かせないアミノ酸を豊富に含んでいるからです。そのアミノ酸の含有量は、穀物酢が100ml当たり約50~80mgに対し、黒酢は約600mgと圧倒的です。

・その他の穀物酢

米酢や米黒酢、大麦黒酢以外のお酢は単に穀物酢と言われます。原材料は主に麦や米、トウモロコシなどです。価格も安く、さっぱりした風味で使いやすく、ポピュラーなお酢と言えるでしょう。

(2)果実酢

果実の搾汁が、1000mlにつき300g以上のものを呼びます。果実酢には「りんご酢」と「ぶどう酢(ワインビネガー)ココナッビネガー」が定義付けられ、その他の果実酢は単なる「果実酢」と呼ばれています。

果実酢は原材料に穀物が使われていないためアミノ酸の含有量は少ないですが、りんご酢にはカリウム、赤ぶどう酢にはポリフェノールなど、使われている果実によって健康に有効的と言われる栄養素を含んでいます。

また果実がベースになっているため、お酢のなかでもクセがなく、特にココナツビネガーは糖質がとても少なくドレッシングやマリネの調味料だけに限らず、“飲むお酢”として摂取しやすいことも特徴的です。

その他の醸造酢

例えばトマトを原材料にした場合、1000mlにつき570g以上のトマトを使ってお酢を作ると「トマト酢」と記載できます。醸造酢のなかでも穀類や果実、その他の農産物もしくはハチミツを使用しないものであって、決められた量以上の野菜を使用して作られたお酢は「○○酢」と記載でき醸造酢として認められています。

お酢ダイエット3つの効果
クエン酸サイクルで脂肪燃焼
お酢には「クエン酸サイクル」という体に貯まった疲労物質や余分な脂肪を燃焼させる働きがあります。
体に十分な量のクエン酸があると「クエン酸サイクル」が働いて、疲労を回復させたり脂肪が貯まりにくくする仕組みがあります。ところが、クエン酸などの栄養素が不足していると、この「クエン酸サイクル」がうまく働かず、疲れやすかったり中性脂肪が貯まってしまうことがあります。
クエン酸が不足すると生活習慣病にかかりやすくなることもあります。
(クエン酸サイクル)
アミノ酸が脂肪蓄積抑制
必須アミノ酸のなかでもリジン、プロリン、アラニン、アルギニンは体の脂肪を燃焼させるアミノ酸です。
お酢のなかでも、黒酢、香酢、もろみ酢にはアミノ酸を豊富に含んでいますので、脂肪燃焼効果が高いと言えます。
(お酢の種類と有効成分比較)
お酢はむくみも解消
お酢は体を弱アルカリ性に保つ働きがあります。
腎臓は体が弱アルカリ性の時、最も良く働きます。体がむくみがちの方は体が酸性に傾いている可能性があります。
お酢を摂って、体を弱アルカリ性に保ちましょう。
お酢のダイエット効果を検証したミツカンの実証実験も公開されています。
ミツカンによると、チョット太めの人がお酢を毎日大さじ1杯(15cc)摂取するだけで内臓脂肪や皮下脂肪が減少することが実証されました。

ダイエット効果を上げるには
有酸素運動が重要
お酢でダイエット効果を上げるには、ただお酢を飲んでいるだけではあまり効果がありません。

お酢を食事に取り入れたり、有酸素運動と組み合わせたり、ちょっとした工夫でダイエットを実現された方がおられます。
これらの工夫を生活にうまく取り入れて健康的なダイエットを実践してください。

効果的ダイエット法
有酸素運動
ダイエット効果を発揮するためには「クエン酸サイクル」を回す必要があります。
クエン酸サイクルを回すには酸素が必要で、酸素を十分体内に取り込むために一番効果的なのは、「有酸素運動」です。
お酢を摂取した後はウォーキングなどの有酸素運動をされると、ダイエット効果が上がります。
食事中または食後に摂取
お酢の取り方で注意することは、食前にお酢ドリンクなどを飲むとよけいに食欲が増してしまうことがあります。
できれば、食事中にお酢を摂取するのがいいのですが、食後にお酢ドリンクを飲んでもいいでしょう。
一回の食事で必要なお酢の量は10ccですので食事を工夫すれば無理なく摂取できるはずです。

 

 

 
(酢の物健康レシピ)
必要な栄養素も忘れずに
クエン酸サイクルを効果的に回すには、クエン酸だけでなく各種の酵素や栄養素が必要です。
クエン酸単体だけを摂るのではなく、必要な栄養素をまんべんなく摂るように心がけましょう。

 

 
規則正しい生活
基礎代謝量が下がっている場合は、お酢を摂取するだけでは痩せにくいとの報告があります。
不規則な生活が続いたり、お酒を飲み過ぎたりすると、基礎代謝量が下がったり、内蔵機能が衰えて痩せにくい体質となっている可能性があります。
いろいろなダイエット法を試したけれども、痩せられなかったという方は、基礎代謝量を上げることを心がけましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す