ミネラルその10【マンガン】


マンガン
(元素記号: Mn )

マンガンは体内にわずか10mgしか存在しない微量ミネラルですが、健康維持に欠かせない働きをしています。 骨、関節の結合組織の合成、糖質、脂質、タンパク質の代謝、活性酸素を分解するスーパーオキシドジスムターゼの成分など、酵素や補酵素として作用します。
性ホルモンやインスリンの分泌にも関与しており、生殖能力関連の機能維持や血糖値正常化の働きもします。

 

 

どんな効果があるの?

 

骨の健康
三大栄養素の代謝
活性酸素の無害化

 

 

一日に必要な量は?

 

男性4.0mg
女性3.5mg

上限
11mg

 

 

不足したらどうなるの?

 

骨の異常、成長異常
平衡感覚異常、疲れやすくなる
糖尿病のリスク、性機能の低下

※ほぼ不足することはありません

 

 

 

摂り過ぎたらどうなるの?

 

食事で過剰症になる可能性はほとんどないが、マンガン中毒になると神経障害などが起きます。

 

 

多く含まれてる食材は?

 

モロヘイヤ、セリ、大豆製品、玄米など。幅広い植物性の食品に含まれ動物性食品には殆ど含ません。水にも含まれているため、通常の食生活で不足することはまずありません。

 

 

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す