ミネラルの重要性


人間のカラダは何でできているのか?
まず思い浮かべるのは人体の60~70%を占めるといわれる「水」ですね。

つまり原子レベルでは酸素と水素だということです。次に炭素と窒素。
酸素(62.6%)、水素(9.3%)、炭素(19.5%)、窒素(5.2%)、この4つの元素でカラダの97%が作られています。
残りの3%が、カルシウム、リンその他あらゆる種類のミネラル(無機質)です。

 
ミネラルの存在レベルが少ないからといって存在意義まで小さいわけではなく、その反対に非常に重要な働きをしてます。必要なミネラルは100種類 1つのミネラルが欠乏しても病気になります。

 

なかでも必須ミネラルといわれる16種類のミネラルが無ければヒトのカラダは機能しなくなります。

 
必須ミネラルは、
【骨や血液などの構成成分になる】
【カラダという構造体を建設する作業員である酵素の仕事になくてはならない存在】
【筋肉や神経が正常に働くためにも不可欠】
【体液の浸透圧調整】
こういう極めて重要な仕事をします。
このどれか一つでも不調になると、ヒトは健康ではいられなくなります。生休内のミネラルバランスが損なわれると死に至る可能性もあります。だからこそ「必須」なのです。
必須であっても、必要な量と摂り過ぎると危険な量(上限)の幅が狭いのがミネラルの特徴で、摂取量には注意が必要です。昔は有害でしかない毒物と思われていた物もありますし、薬と毒は紙一重ということです。

 
日本では必要量100mg以上の5種を「多量ミネラル」、100mg以下の8種を「微量ミネラル」と分けていて、16種類のうち、塩素、硫黄、コバルトを除く13種類に基準を設けています。
元素ですから壊れることはありませんが、流出しますし、体内での生成など出来ませんので、毎日過不足なく食事から摂取するのがベストです。
そして、ミネラルは年齢とともに体内への吸収率がどんどん悪くなっていきます。若者を100とした場合、中高年は50近くに減るのです。食の量ではなく質を改善することによって、ビタミンやミネルラの多い食事を取ることが望まれます。

 
ミネラルはカラダを作るものではなく、円滑化させる潤滑油のようなものですから、「高齢になったから要らない」ということにはならず、むしろその逆だと言えましょう。積極的にミネラルバランスを整え、病気を遠ざけるようにしましょう。

【モリンガには人間に必要なミネラルがすべてあります】

 

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す