重曹生活~地球に優しく【キッチン編】


環境問題が言われてる昨今です。

使うなら地球に優しく人にも優しいものを使っていきたいですね。

 

mig (96)

重曹は自然界のものです。

 

料理・洗濯・掃除などに使えるすぐれもの♡

 

重曹の使い方をご紹介していきます。

 

 

 

重曹生活~地球に優しく【リビング編】はこちらです

【キッチン編】

☆三角コーナー

ぬめりや悪臭、カビの元になりやすい三角コーナーやシンクのゴミ受けは重曹をそのままふりかけて歯ブラシで汚れをかき出すようにブラッシング。

あとはしっかり洗い流してくださいね。

 

☆シンク

ステンレスの輝きを取り戻すのにも重曹が使えます。シンクに重曹をふりかけ水を含ませたスポンジでこすります。重曹の細かい粒子がシンクを傷つけることなく汚れを落としてくれます。

水で洗い流して最後に酢を水で薄めたものをスプレーしてふきとれば完璧です。

 

☆生ごみのにおいを消す

時間がたったり、水に濡れたり、気温が高くなったりすると、生ごみのにおいな倍増します。生ごみに重曹小さじ1杯ふりかけておくとにおいません。

 

☆スポンジ・ふきん類

 

ぬるめのお湯1リットルに対して重曹大さじ4杯の割合で溶かした重曹水液を洗い桶に入れてスポンジやふきんを一晩つけておきます。翌朝よくすすいで干します。

 

☆まな板

まな板は包丁でできた細かい傷が雑菌の温床になりやすいです。まな板の表面に重曹をふりかけ上から酢をたっぷりかけます。シュワシュワと発泡し、泡が汚れを包み込んで落とします。泡が消えたら熱湯で洗い流します。

 

☆排水口のぬめり取り

酢1カップを耐熱容器に入れて電子レンジで2分間加熱します。排水口に重曹1カップを直接ふりかけ、あたためた酢をかけて数分間おきます。悪臭の原因となるぬめりが分離しやすくなったところで熱湯をかけて洗い流します。

排水管の同じ方法でできます。

 

☆ガスレンジ周り

 

調理中に飛び散った油、吹きこぼれ焦げ付きなど…ガスレンジはがんこな汚れがつきやすいです。重曹と酢を使えば簡単に綺麗になります。

 

重曹と酢を適量ずつ混ぜてスポンジにふくませて磨きます。その後、固く絞った布でふいてくださいね。

飛び散ってすぐの油なら、重曹をかけて指でこすります。重曹が油をからめとってくれるので、後は固く絞った布でしかっりふけばOKです。仕上げに酢を2~3倍の水で薄めてスプレーし、中和してください。

 

☆魚焼きグリル

魚焼きグリルの後始末を楽にするコツは、魚を焼く前に一手間かけることです。そうしておけば汚れと一緒に魚の嫌な匂いも落とせます。

 

グリルの受け皿に多めの重曹を振り、水を張ります。使用後はスポンジでこすって洗い流します。中和作用でベタつきを残さず汚れが落とせ、魚の生臭さや嫌なにおいも消えます。

水を入れずに重曹だけにしてもOKです。重曹がしたたり落ちた脂を吸収して固めてくれるので、水蒸気が出ません。よって、魚がカリッと焼けるメリットもあります。

 

☆フライパンの頑固な汚れ

フライパンの汚れがひどいところに重曹に水を加えてねった重曹ペーストを塗り、ラップをかけて1時間ほパックをします。汚れがふやけたらラップをはずしスポンジでこすりおとします。仕上げに水洗いをします。

 

☆ほうろう鍋の汚れや黒ずみ

水1リットルに対し重曹大さじ4の割合でとかした重曹水溶液をほうろう鍋に入れ、約10分間沸騰させます。火からおろしてそのまま冷まし、黒ずみや汚れをスポンジでこすり落とします。

 

☆鍋のがんこな焦げ付き

重曹に水を加えてねった重曹ペーストを鍋の焦げ付きにのせ、水を含ませたスポンジで磨きます。それでも落ちにくい場合は、鍋に少量の水を沸騰させて火を止め、重曹カップ約2分の1を入れて一晩置きます。、翌朝、スポンジで軽くこするだけで、焦げ付きがきれいに洗い流せます。

 

☆カレー鍋のあとかたづけ

鍋の中に残っているカレーをゴムベラなどで軽く落とします。水1リットルに対して重曹大さじ4の割合で溶かした重曹水溶液を鍋いっぱいに張りレモン2分の1個を絞って、約5分沸騰させます。そのまま数時間おいて洗い流すと、汚れがスルッとはがれ落ちます。(レモンがない場合は酢に代用しても同じです)

 

☆プラスチック製品のにおい取りに

においがつきやすいプラスチック製品も、重曹を使って洗います。においが消えるだけでなく、おちにくい油汚れもすっきり綺麗になります。重曹を全体にふりかけ水を含ませた布かスポンジでこすります。仕上げに水で洗います。

 

 

☆グラス食器類

水1リットルに対して重曹大さじ4杯の割合で溶かした重曹水溶液にグラスや食器類を20~30分つけ置きします。汚れがゆるんだら、スポンジで軽くこすってからすすぎます。こすりにくい部分は歯ブラシを使うといいです^^

 

☆ティーポット

水1リットルに対し重曹4の割合で溶かした重曹水溶液を洗いおけに張り、ティーポットを20~30分浸します。汚れがゆるんできたらスポンジでこすり落とします。注ぎ口などの細かい部分は綿棒を使うといいです。

がんこな汚れにはティーポットに水溶液を入れて加熱し、沸騰させて落とす方法もあります。直火で加熱できるポットに限ります。

 

☆茶渋をとる

カップや湯のみ茶碗についた茶渋には重曹に水を加えてねった重曹ペーストを水を含ませた布やスポンジにつけ、茶渋をこすり落とし、水で洗い流します。

 

☆水筒のにおいをとる

水500リットルに対し重曹大さじ1の割合で溶かした薄めの重曹水溶液を水筒に入れ、しばらくおいてからよく振るかスポンジでこすって汚れを落とします。最後に水洗いをします。

 

☆コーヒーフィルターの汚れ

たくさんの溝がきざまれているコーヒーメーカーのフィルターホルダーにも重曹はおススメです。フィルターホルダーの内側をぬらし、重曹をまんべんなくふりかけます。しばらくおいてから、汚れのこびりついた溝の間を歯ブラシでこすり、最後に水でよく洗い流します。

 

☆コーヒーメーカーの汚れ

水500リットルに対し重曹大さじ2を溶かした重曹水溶液をコーヒーメーカーに入れ、スイッチをオンにします。もう一度今度は普通の水を入れてわかせば内部の汚れが綺麗に落ちます。

 

☆湯沸かしポットのにおいを取る

湯沸かしポットの中に水を入れて重曹をたっぷり加え、スイッチを入れて沸かします。沸騰したら10分ほどそのままおき、中身を捨てて水で洗って仕上げます。

 

☆ミキサーをきれいに保つ

ミキサーの中にこびりついた汚れはとりにくく、刃も危険です。この方法なら、安全にピカピカにになり、においもしっかりとれます。ピッチャー部分の半分まで水を入れて重曹を小さじ1ほど加えしっかり蓋をします。ミキサーのスイッチを入れて2~3分回して水洗いします。

 

☆電子レンジの掃除

電子レンジで使える耐熱容器に水500リットルと重曹大さじ2を入れ、レンジで加熱して沸騰させます。すぐにドアをあけずに、そのまましばらくおき、水蒸気を庫内にこもらせておきます。レンジの庫内に水蒸気の水滴がつくことで、しつこい汚れも落ちやすくなります。ドアをあけ、耐熱容器の中の汚れをこすり落とし、最後に乾いた布でふきます。

 

 

☆炊飯器などの調理家電

炊飯器などの調理家電の黄ばみを取るにはぬるま湯1リットルに重曹4分の1カップを溶かした重曹水溶液をスポンジに含ませ、汚れた調理家電に塗ります。そのまま約10分ほど置き、酢を2~3倍に薄めた酢水に浸して固く絞った布でふいてそのまま乾かします。

 

☆冷蔵庫

食品を保存するところだからこそいつも清潔にしておきたい冷蔵庫。水1リットルに対し重曹大さじ4の割合で溶かした水溶液を含ませた布で、冷蔵庫の内部や外側をふきます。その後、酢を2~3倍の水で薄めてスプレーし、乾いた布でふきます。

 

☆冷蔵庫の消臭に

冷蔵庫内の消臭には蓋をとった瓶や箱に重曹を入れて庫内の邪魔にならないところにおいておきます。中の重曹は3ヶ月くらいで交換します。使用済みの重曹は洗濯や掃除に使います。

 

 

☆冷蔵庫のゴムパッキンの汚れとり

水1リットルに対して重曹大さじ4杯の割合で溶かした重曹水溶液を含ませた綿棒で、ゴムパッキンについた汚れをこすりおとします。乾いて白い粉が残らないよう、2~3倍の水で薄めた酢を含ませた布でふいて仕上げさせます。細かい部分は綿棒を使います。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す