ミネラルその21【ゲルマニウム】


ゲルマニウム

 

ゲルマニウムは、無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムに大別でき、海産物やニンニク、クコ、人参、霊芝、アロエ、などに含まれていて、人体に取り込まれるのは有機ゲルマニウムです。

 
ちなみに、これら食材から食事として摂取しての害は知られていません。
天然の有機ゲルマニウムは、免疫機能を向上させたり、抗酸化作用にも関与するとされています。
無機ゲルマニウムはヒトに有毒であり、摂取すれば死に至る場合もあります。
ゲルマニウム温浴から始まり、「貧血に効果」「疲れが取れる」「ガンに効く」などとして、サプリメントからあらゆる健康器具に「ゲルマニウム」の名が使われる現象がもう数十年も続いておりますけども、こうした効果が証明された事は一度もなく、逆に健康被害を訴える例が積み重なっています。

 
服用した場合、腎臓障害や死亡する例もみられ、これらは危険な無機ゲルマニウムを有機ゲルマニウムと偽って販売されたケースが多いようです。
しかも、有機ゲルマニウムでさえも安全とは言えないのです。抗酸化作用でガンに効くという研究も一部にありますが、それが証明されたことはなく、逆に有機ゲルマニウムを服用して死亡した例があります。

 
科学的に認められているのはウイルス性B型慢性肝の薬であるプロパゲルマニウムくらいであり、その他の効果は現在にいたるまで証明されていない俗説にすぎません。

 
公の機関が「危険である」と警告しているにも関わらず、なぜゲルマニウム信仰が消えないのか不思議になってきます。抗癌サプリであれば、抗酸化ビタミンの方が安いし、こちらは確実に効果が証明されています。

 

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す